コンテンツへスキップ

サイト全体で春のセール!セール終了まで:

カート

カートが空です

羽毛布団と掛け布団 - 違いはありますか?(Hide for JP)

「羽毛布団」と「羽毛掛け布団」、どちらが正しいでしょうか。どちらの言葉も、通常はカバーと一緒に使用される、同じ豪華な羽毛入りの詰め物を指します。これらは同義語ですが、実際にどちらかの単語を使用できるのでしょうか。使用できるという人もいます。トメイト、トマト。私は断然、デュベットだと思います。説得させてください。



デュベ」はヨーロッパ言語で、ダウンを意味するフランス語に由来しています。もちろん、デュベはカナダでより一般的に使用されている用語です。なぜなら、私たちのほとんどは「ボンジュール」以上のことは言えず、自分たちがすごくフランス人のように超洗練されているかのようにふるまうのが大好きだからです。

カナダ人はフランス語を使うと、自然とフランス人女性のようなかっこよさがすぐに感じられます。寝具に数万円を費やしたら、自慢したくなるものです。そして、洗練されていて、世慣れていて、エレガントに聞こえたくなるのです。 

デュベと言うと、自分の家を大切にしているように聞こえます。皆さんも、いつも「より上品な外観」を作ろうとしていませんか?あなたは間違いなく、戸棚とチェストの違いを知っており、他の(興味のない)人々にそれについて教えることに喜びを感じています。あなたはロイヤルブルーとサファイアを混同することは決してなく、火事のときに助けるのはハーヴェイ プロバーのラウンジチェアです。あなたとあなたのミッドセンチュリー モダンの住居は、いつでもアパルタメントの特派員が撮影に現れることを覚悟しています。あなたは出窓の外を物思いにふけりながら眺め、カンタロープ ペッパーのヴィンテージ ラッセル ライト マグを両手で抱えているでしょう。そんな男になりたくないと私に言ってください。

3 つ目のポイント。何もできない日には、Instagram で #duvetday を使いたくなるでしょう (居眠りしているペット、実際には読んでいない古典小説、超不自然な自然なルックス #nomakeupnofilter などを挿入)。

また、羽毛布団と言えば、羽毛製品に詳しいように聞こえます。ダウン寝袋の仕様について話すのは、実家の地下室に住み、常に「志願」している私の「DJ」の友人がミキサーについて話すのと同じです。ダウンジャケットを着て「ロッキー山脈でスノーシューを履いて帰ってきたばかり」と叫んでいるようですが、そのジャケットが経験した最も過酷な環境は日曜日の午後の近所のウォルマートです。誰かが「素敵な掛け布団」と言うと、ダウンのジレをベストと呼ぶ人に対して抱くのと同じ大げさな憤りでその人を見ます。

アメリカでは「慰める人」という言葉の方がよく使われますが、たまには慰めが必要なのは仕方ありません。ここ北の国の方がタフだと言っているわけではありませんが、私たちは人食いホッキョクグマに囲まれて極寒のイグルーで眠るのです。

Comforter という単語の問題点は、5 つ星ホテルのような羽毛の寝具や、大学時代に使っていた色あせたすり切れた毛布を指すこともあることです。まだパブストとラーメンで暮らしていない限り (もしそうなら、尊敬します、とても怠け者です)、エレガントで都会的で、きちんとした「Duvet」に卒業する時が来ていますよね?

「Duvet」と「Comforter」はどちらも、私たちの中のより反抗的な人たちにとっては、少し普通すぎる言葉だと認めます。もし、楽しく風変わりな、または賢い代替案をお持ちでしたら、ぜひコメントで教えてください。

 

羽毛布団を購入するにはここをクリックしてください。

 

イラスト:アマンダ・グエン

8 コメント

Thanks for the chuckle, I just purchased my second Microfiber Duvet in less than a month. I bought one in Oct. and fell madly in love with it. I decided to purchase one for my wonderful caretaker, she’s been working for me for 10yrs and this Duvet is the biggest raise that I can give her that will keep on giving her comfort for years to come.

Nicole Thibeault

Thanks for the funny read, CDFC! Love how it brought out so many memories in the comments here. I always grew up with duvet=a plain insert that goes inside a cover and comforter=has a fashion fabric integrated and therefore doesn’t go in a cover! My mum was born in England yet moved to Canada as a little one, my dad born here to Dutch parents who immigrated after the war. Who knows if the terms suffered some cultural confusion in my household! I never got the chance to have relationships with my grandparents and those of their generation, but I love how so many of the materials technologies of their lives are returning to popularity. My folks recently gifted me with a down DUVET ;) and it’s far more comfortable than any poly duvet OR comforter I’d slept with prior! Cheers all :)

Fenna

When I was a child in Ireland, before the war, having an eiderdown to top off your bed was the ultimate in luxury. I just had a couple of old blankets topped with a blanket my Grandmother had made by sewing old scraps of wool clothing togwther in crazy patch fashion. When I was about 5, my great grandmother died. When all her belongings were sorted out, I was delighted to be the new owner of her old eiderdown. That was a turning point in my life. I was never cold in bed again.
An eiderdown was filled with the down from an eider duck. On top it was covered with rich looking satin and the back was a less slippy fabric such as cotton so it would stay on the bed better. The quilting that kept the fill in place was very ornate and finished with corded binding.
During the day the bed was made up with a matching satin bedspread, which was rolled back at night.
The puffy eiderdown on the satin bedspread made the bed look very elegant.

May

This was such a hilarious, entertaining article. I love that us Canadians don’t take ourselves too seriously. Being pretentious and self-deprecating at the same time… you’ve captured it perfectly. Thanks for the fun read. 🙂

D Archer

I have been sleeping under my new DUVET for more than a week now — it’s lovely! I love the humorous explanation “Duvet vs Comforter” for the uninitiated. Coming from Europe, I slept under a duvet all my like, since childhood in the 1930s (I am 85 now!) and my parents and grandparents did too! Most everybody did as far as I know! I couldn’t possibly sleep without it. There is nothing more COMFORTING than a DUVET!

Christine Kiss

Sorry, Inez! We like to think we’re funny sometimes ;) Long story short (TLDR), there is no difference between a comforter and a duvet. They are both an insert filled with down, feather, polyester or other material put inside a duvet/comforter cover. :)

Canadian Down and Feather Company

I would appreciated a straight answer. You beat around the bush instead of replying with a descriptive comment of a duvet.

Inez

Thanks so much for my morning chuckle! I thoroughly enjoyed your “duvet vs comforter” rant. I’ve used a “duvet” all my life. Coming from Europe, my mother was ahead of the curve back in the sixties when all my “Canadian” friends wondered about my weird “bird bedding” during elementary school sleep-overs. Funny tho’, how they all wanted to come back for another sleep-over the following weekend. “Duvet” all the way!

Lydia Perovic

コメントを書く

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。

全てのコメントは、掲載前にモデレートされます