コンテンツへスキップ

サイト全体で春のセール!セール終了まで:

カート

カートが空です

バッフル

羽毛布団にボックスやチャンネルがある場合、それらは上部の生地から下部まで直接縫い付けられるか、バッフルを使用して縫い付けられます。バッフルは、シェルの上部と下部の生地の間に垂直に縫い付けられた生地で、区画間の壁のように、3 次元の空間を作り出します。

バッフルとそれによって生まれる立体的な空間により、部屋のロフトが最大限に上がります。これにより、より多くの空気が閉じ込められ、断熱性と保温性が高まります。

バッフルのないコンパートメントの間、つまり上部と下部の生地が縫い合わされている部分には、ダウンを入れる余地があまりありません。そのため、断熱材のない領域ができ、「コールドスポット」が生まれます。バッフル構造では、ダウンが各壁の両側のコンパートメントを満たすことができるため、熱が逃げる場所がなくなります。