コンテンツへスキップ

サイト全体で春のセール!セール終了まで:

カート

カートが空です

ボックス構造

羽毛布団は、タタキキルトやチャネルなどのさまざまな縫い方で作られます。タタキキルトの構造は通常、羽毛布団を均等なサイズの四角に分割し、それぞれのボックスにダウンおよび/またはフェザーを閉じ込めて、移動を防ぎます。四角のサイズは製造業者によって異なります。

タタキキルト構造は、ダウンおよび/またはフェザーを羽毛布団全体に均等に分布させるため、チャネル構造よりも好まれます。これがないと、羽毛布団には詰め物が少ないまたはない部分ができ、断熱のない部分から熱が逃げてしまいます。

ボックスのサイズは一辺の長さが約12cmから50cmまでさまざまです。小さいボックスはダウンが完全に膨らむのを防ぎ、空気をあまり閉じ込めません。これは断熱の目的にはあまり有益ではありません。大きなボックスも必ずしも適しているわけではなく、ダウンがボックス内で移動し、断熱のない部分ができる可能性があります。理想的なボックスのサイズは約1000〜1450平方cm、または30cm×30cmから38cm×38cmです。